お子様の歯のために、予防習慣を

親御さんの中には、お口の中に何も問題がないのに歯科医院に行くことに違和感を覚える方もいるかもしれません。しかし、お子様の大切な歯を本気で守りたいと思うなら、予防歯科で適切な処置を受けることがとても重要になります。こちらでは、予防歯科がなぜ大切なのかについて、くわしくお話ししたいと思います。

予防歯科が大切な理由

従来、「歯科医院とは虫歯になってから行くところ」というのが常識でした。しかし、実はこれは日本特有の意識であり、欧米では古くから「歯科医院は予防のために通う場所」であると位置づけられています。そのため、高齢になったときに残る天然歯の数は日本に比べて多いといった研究報告もあります。

虫歯になったらできるだけ早く治療を受けることが大切ですが、削ることをくり返した歯は、いずれ失ってしまうことになります。あらかじめ虫歯を予防していれば歯は削られることもなく、長く使い続けることができるのです。

お子様の頃のお口の健康状態は、大人になってからも大きく影響を与えるもの。予防の意識はお子様のうちからしっかり持つことが大切です。お子様の大切な歯の健康を末永く守るために、予防歯科に通う習慣をつけてあげましょう。

当院では、お子様の予防にもCTを採用しています

当院では、これまでのレントゲンではわからなかった口腔内の詳細な情報までも得られる歯科用CTを予防歯科で採用しています。歯や顎の骨などがあらゆる角度から把握できるため、精度の高い診断が可能になり、お子様一人ひとりに合った予防プログラムの立案に役立ちます。

歯や顎の骨などの詳細な情報が得られる歯科用CTお子様の大切な歯を守るためにも、今や予防歯科には欠かせません!

予防歯科の4つのメリット

メリット1: 虫歯の痛み、治療の痛みがなくなります!

虫歯になると歯が痛み、また治療にも痛みが伴います。予防によって虫歯自体を防ぐことができれば、それらの痛みを感じることもありません。

メリット2: 早期発見・早期治療が可能になります!

予防歯科で定期検診を受けていれば、もしも治療が必要な箇所が見つかっても早期発見・早期治療が可能になります。治療が簡単に終わるうえに歯のダメージも少なく済み、また治療費などの負担も抑えられます。

メリット3: お口の健康は、全身の健康につながります!

お口が健康でしっかり咬めていれば、食べ物の消化がよくなったり、脳への刺激が促進されたり、また正しい顎の成長を助けたりするなど、全身の健康につながります。お口の健康は全身の健康の源なのです。

メリット4: 「歯医者嫌い」になりません!

お口を健康に保ち、将来必要なときに適切な治療を受けるには、小さい頃から予防歯科に通うことが重要です。小さい頃に歯科医院で痛い経験などをしてしまうと通院も嫌になってしまいますが、予防歯科で痛みのない通院を習慣づけていれば「歯医者嫌い」になることもありません。